夢なき者に成功なし。成功するまで続けることを信念としています

コンサルティング&IT事業本部 コンサルティング部

エンゲージメントマネージャー

MASAMITSU MATSUMOTO

松本 将允

経歴

2020年入社。

・外資系コンサルティングファームのマネージャーを経て現職。
・IT、デザイン、小売、商社、メーカー等の業界にて、新規事業立ち上げ、経営コンサルティング業務に精通。
・日系財閥グループにて、次世代ソリューションのサービス化、ビジネスモデル分析、管理会計のグランドデザインなどに従事。

入社した動機は何ですか?

役員を除き、コンサルタント共通の弱点である「決断」に対して、理論と実践を体現できる環境があることでした。
コンサルタントという職業柄、課題の提起、課題解決策、期間と費用等の発見・提案力は、理論と実践によって伸ばすことができます。
しかし、ビジネスは自身の「決断」を通して生じた結果が”経験”として蓄積されるため、 クライアントのご支援・提案が基本業務であるコンサルタントにとって圧倒的に「決断」という実践が足りない状況となります。
そのため、経営戦略を生業とするコンサルタントにおいては、”経験”の差が、クライアントへ提供できる”質”の差となることがあります。
とても幸いなことに、VCでは「決断」を経験できる環境があり、挑戦した結果、今では様々なクライアントから最高評価をいただいており、自身の意欲も高まる好循環に繋がっております。

現在どんな仕事をしていますか?

現在は、社内向けと社外向けの業務を兼任しております。
社内向けでは、主に経営方針に沿って課題解決の推進と後身の育成を担当し、社外向けでは、クライアントの経営課題の解決に向けたご支援をさせていただいております。
具体的には、社内向けでは、クライアントからいただきました評価を分析し、弊社コンサルタントの弱点を提起し、課題解決に向けて推進しております。
また、後身の育成において、課題を抱えるコンサルタントの評価回復と売上貢献を実現しております。
社外向けでは、某財閥の新事業におけるリスク分析と課題の提起をし、コンセプトモデルを提唱。複数企業とのアライアンスによる社会構造の変革プロジェクトのロールモデル化に向け、ご支援させていただいております。

ビジョン・コンサルティングの強みは何ですか?

経営層からメンバーまで、徹底的に考える文化が根付いており、他社と比べて組織・個人の課題克服速度が圧倒的に速いです。
また、経営層が若いこともあり、チャレンジを恐れず、行動に移す文化の喚起・醸成を図っています。
結果として、バックオフィス層もロジカルシンキングが強化されており、社員総数も600名を超え、現在でも急速に拡大を続けることができています。

これからエントリーする方へ向けて

大手とは大きく異なるベンチャー気質であるため、果敢にチャレンジを続けたい方にお勧めしたい組織となっています。
ビジョンコンサルティングは若く、急成長している会社です。そのため規模に合った経営基盤の整備が必要な現状です。
裏を返せば、ひとりひとりに裁量権を与えられ、ひとりひとりが「会社のために何ができるか?」「結果的に自分にとって、何を得ることができるのか?」「自分はどうなりたいのか?」
を常に考え、行動に移す土壌があります。
ぜひ一緒に、理論と実践の好循環を組み上げましょう。